初正月

初正月は文字通り、赤ちゃんが初めて迎えるお正月。赤ちゃんの邪気を払って健やかな成長を祈るという願いを込め、羽子板や破魔弓を飾ります。お子様の成長を喜ぶお祝い事です。

羽子板ケース飾り

羽子板は厄を跳ね(羽根)のけ、幸せを呼ぶといわれています。

羽子板の歴史

室町時代に硬貨をつけ錘とした羽根を蹴る遊びがあり、これが羽根つきの起源とされています。宮中のことを記録した『看聞御日記』に羽根つきの記録があります。この記録には公卿や女官が羽根つきをし、負けた組が酒を振舞ったとの記録があります。戦国時代から羽根つきに厄払いの想いがあり、江戸時代は年末に邪気よけとして羽子板を贈ったとの事です。今も女児の初正月に羽子板を贈る習慣が残っています。

破魔弓ケース飾り

破魔の弓矢で邪気を撃ち破る

破魔弓の歴史

平安時代の中頃から現在でも、朝廷では皇子が誕生すると『鳴絃』といって弓の絃を鳴らし、悪魔を払う儀式が行われています。秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまのお生まれの時にも、『鳴絃』の儀は執り行われました。民間では、男の子の初正月に、弓を入れる用具『空穂(うつぼ)』と弓矢を組み合わせた破魔弓を飾り祝っていました。現在の形になってきたのは鎌倉時代以降といわれ、破魔弓を飾って悪魔を追い払い、家内安全を祈るようになりました。初正月に男の子をお祝いする風習は各地に元々あり、男児の玩具弓矢と結びつき、男の子の健やかな成長を祈る飾りになっていったようです。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00−17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日〜12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 20,000円以上のお買い物で送料無料!離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料390円8,000円以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様