広島お人形供養会

多聞院で開催される広島お人形供養会で住職が読経するワンシーン。参列者たちと山積みされた供養の人形。

人形供養概要

人形供養を地元の広島人形専門店会が主催して、毎年10月20日(曜日に関係なく)広島市南区の比治山(ひじやま)にある多聞院(たもんいん)で行なっています。

今まで一緒に過ごしてきたお人形に感謝し、そして昔の楽しい思い出を胸にしまってお別れをします。雛人形・五月人形は、その子が成人するまでのお守りです(降りかかる厄をかわりに受けてくれるといわれています)。成人しても毎年、自分の楽しみで飾るのは良いことですが、長い間箱の中に閉じ込めておくのは、感心しません。そんなかわいそうな人形は感謝の気持ちを込めて、供養をしてあげてください。

供養のために集められたお人形は、多聞院の住職さんにお経をあげてもらい、参加された方々にはお焼香をしていただきます。 その後、昔は焼いていたのですが、環境問題のこともあり今では専門の業者の方に引き取ってもらっています。

供養会当日は朝9時30分から受付で、10時に開会します。供養申し込みをしない方でも参加できますので、ぜひおいでください。

人形供養は全国各地で行われています。

  1. 名称 - 広島お人形供養会
  2. 目的 - 役目を終えた『厄災を代わりに受けてくれるといわれているヒトガタのお守り』をねぎらい供養すること。人や物、自分が在ることを今一度思い出し感謝すること。
  3. 内容 - 多聞院住職による読経と参列者の焼香、住職の説法など。
  4. 場所 - 多聞院(広島市南区比治山)
  5. 開催日時 - 毎年10月20日午前10時から開会。40分程度。
  6. 供養可能な範囲 - 雛人形、日本人形、五月人形、ぬいぐるみ、木彫り・陶器の人形、こけしなど人または生き物の形を模し、身代わりとして大切にされてきた、もしくは思い出の沢山詰まった捨てるに忍びないもの。(→供養する人形に関してのお願い
  7. 供養対象外 - ガラスケース、付属のお道具類、飾り台、屏風などは持ち込まないようにしてください。
  8. 受付日時
  9. 歴史 - 昭和57年より上記の場所、開催日時にて毎年行われています。
  10. 主催 - 広島人形専門店会

多聞院 - 広島市南区の比治山にある寺院。毛利氏が郡山城下吉田に建てた真言宗の寺院です。広島城築城とともに三滝山麓に移され、さらにこの地に移されたのは慶長9年(1604)、福島氏の時代です。このお寺の鐘楼、十三塔は奇跡的に原爆による破壊を免れました。境内には「日本外史」を著した頼山陽(らいさんよう)の一族の墓と儒学者で浅野藩に仕えた植田艮背(うえだこんぱい)の墓があり、いずれも県指定の史跡となっています。

お人形供養会を主催する広島人形専門店会

広島人形専門店会の面々広島人形専門店会の面々

広島お人形供養会の報告

第35回広島お人形供養会

第35回広島お人形供養会(平成27年10月20日)の報告暖かな秋晴れの中、80名以上の方にご参列いただきました。朝早くからご参列いだたき、ありがとうございます。供養の人形は雛人形を中心に日本人形や五月人形などおよそ15,000体ほどが集まりました。

第34回広島お人形供養会

第34回広島お人形供養会(平成27年10月20日)の報告秋晴れの中、70名ほどの方にご参列いただきました。ご参列くださいました皆様、ありがとうございます。供養の人形は雛人形を中心に日本人形やフランス人形などおよそ15,000体ほどが集まりました。

第33回広島お人形供養会

第33回広島お人形供養会(平成26年10月20日)の報告平日でしたが、100名を超える多くの方にご参列いただきました。ご参列くださいました皆様、ありがとうございます。供養の人形は雛人形を中心に日本人形や市松人形などおよそ14,000体ほどが集まりました。

第32回広島お人形供養会

第32回広島お人形供養会(平成25年10月20日)の報告あいにくの雨空でしたが、多くの方にご参列いただきました。ご参列くださいました皆様、ありがとうございます。供養の人形は12,000体ほどでした。ぬいぐるみが減り、日本人形やひな人形が中心となっていました。ひな人形も七段飾り用が多かったように思えます。

第31回広島お人形供養会

第31回広島お人形供養会(平成24年10月20日)の報告土曜のため、多くの方にご参列いただきました。ご参列くださいました皆様、ありがとうございます。供養の人形は昨年より更に増え18,000体ほどもあるかと思われます。雛人形を中心にぬいぐるみや兜、日本人形などさまざまな人形が持ち寄られました。

第30回広島お人形供養会

第30回広島お人形供養会(平成23年10月20日)の報告秋晴れの中、今回で30回を迎えた広島お人形供養会が開催されました。ここ数年の中では最も人形の数が多く、15,000体はあるのではないかと思われました。雛人形が最も多く、日本人形、市松人形と様々でしたが、毎年数個は見かける大きなぬいぐるみがほとんど無かったことが印象的でした。

第29回広島お人形供養会

第29回広島お人形供養会(平成22年10月20日)の報告広島各地から集まったおよそ8,000体ほどの人形が供養されました。今まで良く見かけていた、飾った事がないのでは?と思われるような目新しい人形はほとんど無く、長い間、大事にされてきたことがわかる人形が多かったことが印象的でした。

第28回広島お人形供養会

第28回広島お人形供養会近年になく、多くのご参列がありました。平日にもかかわらず、ご参列ありがとうございました。他県からの供養依頼が減り、より地元中心の人形供養になってきました。ご協力感謝します。およそ1万5千体の人形が集まりました。ぬいぐるみの割合が減り、日本人形が増えたように思います。

第27回広島お人形供養会

第27回広島お人形供養会人形供養の数が大幅に減り、およそ1万体が供養されました。以前より遠方からの申し込みが減り、地元中心のお人形供養となりました。各地域で供養に出されたのと思います。大事にされてきた人形でしょうから、やはり供養はそれぞれの地元で行い、供養に参列される方が増えてこられたのでしょう。

第26回広島お人形供養会

第26回平成19年開催広島お人形供養会平成19年10月20日土曜日に開催されました。地元中心の人形供養会で、多くのご参列をいただきまして、感謝いたします。また、依頼された人形は供養されましたのでご報告の代わりとして、供養会のスナップ写真を掲載いたします。ご了承くださいませ。

第25回広島お人形供養会

第25回広島お人形供養会スナップ写真平成18年10月20日に開催されました。サイトを見ての供養依頼が数多く見られました。供養会に参加する人は昨年と一転して沢山の方がご参列いただきました。

第24回広島お人形供養会

第24回広島お人形供養会スナップ写真平成17年10月20日に開催されました。残念なことに供養会に参加する人がぐっと経ってしまいました。遠方・地元の方ともに人形供養の依頼が増えています。

第23回広島お人形供養会

平成16年10月20日に人形供養会が開催されましたが、この度は取材ができませんでした。そのため供養会の写真の掲載ができません。スミマセン

第22回広島お人形供養会

第22回広島お人形供養会のスナップ写真平成15年10月20日に開催されました。供養された人形は、去年とほぼ同じでおよそ1万2千体です。列席者の数が減ったのは残念です。

第21回広島お人形供養会

第21回広島お人形供養会の様子平成14年10月20日に開催され、昨年よりも供養のお人形が増えて12,000体ほど集まりました。遠方の方々からの人形供養の依頼が数多くありました。各地で催されているはずの人形供養祭ですが、それだけ浸透してないのでしょう。

第20回広島お人形供養会

第20回広島人形供養祭の様子平成13年10月20日に開催されました。およそ10,000体が集まりました。多くの方が参加され、住職さんのお経を聞き入っていました。

当日、お人形供養会に参列される方へ

お人形供養会は、毎年、曜日関係なく10月20日の午前10時から比治山の多聞院にて開催されます。年1回ですので、お間違え、お忘れの無い様、お願いします。人の形をしたもの、大切な思い出の詰まった人形や、ぬいぐるみなど、多聞院さんに供養をお願いしています。10月20日の供養会当日、午前9時20分から午前10時まで、供養する人形の持ち込みを多聞院本堂にて受け付けています。当日は予約・連絡など不要です。受付は9時50分頃が混み合います。ガラスケースや屏風、飾り台、お道具類などは供養対象外のためご遠慮願います。また、事前に当店(十二段屋)に持ち込み、当日は参列のみでも大丈夫です。供養には制限がありますのでご注意ください(→供養する人形に関してのお願い)。供養料は封筒に入れて、表に供養料、裏には名前と住所をご記入願います。

供養を依頼される方はもちろん、依頼されない方も供養会にご参列ください。車でお越しの場合は、限りがありますが境内には数台分の駐車スペースがあります(駐車場が満杯になる場合もございますのでご注意ください)。前もって広島人形専門店会に供養依頼(持ち込みもしくは配送)をし、当日、参列されても大丈夫です。公共機関は、広島駅〜宇品港間を走る5番電車が便利です。ほぼ目の前のに比治山下の電停があります。下の地図は、多聞院周辺地図です(JavascriptでYahoo地図が表示されます)。

多聞院入り口多聞院入り口です。電車通りから入って左手すぐにあります。

多聞院本堂入り口多聞院本堂で開催されます。本堂を入って左手で受付をしています。受付けまで供養希望の人形をお持ちください。

人形供養会に参列できないため、事前持ち込み及び配送で人形供養をご希望の人へ

※多聞院さんへの電話は、ご遠慮ください。

※当社へのお問い合わせ(電話も含む)は、10月まで辛抱強く、お待ちください(受け付け期間10月1日〜10月18日、18日が日曜の場合17日まで)。

※10月にならないと供養の人形は、お預かりできません。事情があっても例外はありません。

供養する人形の持ち込み及び配送先は、10月1日〜18日午前までの期間内(18日が日曜の場合17日まで)のみ、場所は中区昭和町の十二段屋です。

広島人形専門店会は、人形供養を営利目的で行っていないことを承知してください。じゅうぶんなフォローをご希望の場合、たとえばこのようなところがあります。

お近くの寺院、神社でもお願いすれば、人形供養を行ってくださると思います。まずは、近くでの供養をご検討ください。

供養料は必ず封筒に入れてお越しください。2,000円以上のご協力をお願いしています。多聞院さんへ封筒のままお渡ししますので、持ち込みの際、財布を出して供養料ですとお金を置いていくのはおやめください。封筒に『供養料』と書いて、裏には名前と住所の記入を願います。もったいないので、のし袋でなくて普通の茶封筒で結構です。当店へのお礼は不要です。
みなさまからの供養料と広島人形専門店会それぞれのお店の支出をあわせ、善意で供養会を引き受けてくださる多聞院さんへの供養料と供養した人形の引き取り料をまかなっています。

人形供養ご希望の方は、まず近くで人形供養が行なわれているかどうか調べて(→全国の人形供養)、行なわれているようならお近くの供養をしているお寺や神社でお願いします(当方では供養の人形を並べるため許容量があります。ご理解ください)。急がれるようであれば、常時受付をしているお寺もありますし、人形協会も常時受け付けています。
近所で行なわれていない場合は、広島人形専門店会のそれぞれのお店へ配送か持ち込みで供養を受け付けております。当店での受け付け及び問い合わせは、下のフォームメールより行なってください。
供養会は10月20日に行なわれますので、持ち込み及び配送は10月1日〜10月18日まで(日曜祝日は受付できません。18日が日曜の場合17日まで)の朝10時〜夕方4時まで受付します。

※注意!
広島人形専門店会がお願いして多聞院さんのご好意により供養会が行なわれます。多聞院さんへの電話や問い合わせはご遠慮ください。
◆電話での問合せや申し込みはやめてください。
特に多聞院さんに直接電話して、問い合わせや供養する人形の受け取りをお願いすることは絶対にやめてください。
◆人としてのマナーを守ってください。
早い時期から電話での供養問い合わせがあまりにも多く、いろいろなところにご迷惑をおかけしています。自分だけなら・・・は、やめてください。人形供養のお問合せや申し込みは、必ずページ下↓供養申し込み・ご質問フォームからお願いします(厳守)。ルール・マナーの守れない人はお断りさせていただきます。(→供養する人形に関してのお願い

供養する人形に関してのお願い

  1. 大事にしていた雛人形・五月人形・羽子板・博多人形やぬいぐるみだけにしてください。ゴミ感覚でなんでもかんでも供養にもってこられる方がいらっしゃいますが、その場合はお受け取りできません。お人形にとって最後のお務めとなります。供養会で並べられるようきちんと埃を払ってからお持ちください。
  2. ガラスケース入りの人形は、ご自宅で木づちや金づちを用いてケース枠を叩いて外し、中の人形だけを取り出してお持ちください。ケースから取り外す作業を、当店や当店の前で行うことはしないでください。
  3. ガラスケースや、お道具類・屏風・飾り台・雛人形の持ち物などは各自、ご自宅で処分願います。分別作業を、当店や当店の前で行うことはしないでください。
  4. お人形を供養するためのお人形供養会です。神社のお守り札や仏像・神像など、寺院で行われるお人形供養会に並べるのにふさわしくない物はご遠慮ください(神社でお祓いするべきものは神社へ、個別で寺院にお願いするべきものは個人で寺院にお祓いを申し込んでください)。

人形供養申し込み・ご質問フォームメール(受付は10月1日〜10月18日午前です。18日が日曜の場合は17日まで。期間までお待ちいただけない方はご遠慮ください。)

必要事項を書き込み、『メールを送る』ボタンをクリックすれば、申し込みもしくは質問のメールがこのサイトを運営する十二段屋に送られます。すぐに返答が出来ないかもしれませんが、なるべく早く返事ができるよう努力します。日・祝祭日と平日の夕方4時以降は返答できません。

おなまえ

メールアドレス(半角英数字)

メールアドレス (コピーせずに再度入力を願います)

質問ですか?申し込みですか?申し込みの場合、持ち込みか配送を選んでください。(チェックを入れてください)。
質問 持ち込み申し込み 配送申し込み

持ち込み及び配送は、下記の『十二段屋』へ、10月1日〜18日午前(18日が日曜の場合17日)までの日曜・祝日を除く月曜〜土曜日10:00〜16:00にお願いします。期間を過ぎて到着する荷物はお受けできませんのでご了承ください。

宛先:株式会社 十二段屋
住所:広島市中区昭和町11番21号
電話番号:082-559-3123
郵便番号:730-0046

持込される場合は、十二段屋への道案内を参照ください。
配送時には、送り状の備考欄に『人形供養申し込み』とご記入ください。

メール控え必要ならチェックを入れる。

※供養する人形を引き取りに行くことはしておりません。引き取りご希望の方は、日本人形協会が行う人形感謝代行サービスが便利だと思います。


一緒に飾ってそれが楽しいお雛様