お雛様を楽しむ♪

6才になっても楽しく飾れるお雛様があります

一緒に飾ってそれが楽しいお雛様

お雛様は見て楽しむもの??? お雛様は飾って楽しむもの?せっかく高いお金を出して買ったお雛様、子供に触らせるなんてとんでもない? お雛様を飾るのはお母さんだけですか、しかも手袋をつけて???それで、子供は楽しいですか? お雛様の楽しい思い出作れますか?

※今までの記事内容と重なるところがありますが、ご了承ください。

お雛様を探しにこられるお母さんのお話を聞いているとお雛様への気持ちが二通りあることがわかります。

「お雛様は場所もとるし、手間もかかるから・・・・(できることならしなくても、いいのに。)・・。」とまではいきませんが、そんな感じにもとれるお母さん方がいます。もう一方で、

「お雛様は大好き♪この子にも同じ楽しみを知って欲しい!」

お雛様飾るよ〜の言葉にはしゃいでいる女の子

と、とっても楽しそうに自分のお雛様の思い出をお話してくれる方もいます。

どうしてそんなに違うの??? 自分が子供の頃を思い出してください。

「お雛様は見て楽しむものですよ。」
「お雛様、触っちゃいけません。」
「お雛様、飾るの大変だけど飾らなくっちゃ。」

などと、お母さんは言ってませんでしたか?
そうです。

「大人が、飾って、しまって、自分(子ども)は見るだけ」のお雛様

を過ごしてきた人たちはたいてい「お雛様は手間がかかって大変(飾ったり、しまったり)、場所をとりすぎ」との思いを抱いています。(親の愚痴を聞いてそれが心に残るのでしょうね)

おばあちゃんがお雛様を買いに来て、「小さなお道具を持たせたり、帽子をかぶらせるのが大変で・・・。」という人は、子供には触らせずに、「あ〜、めんどくさいけど今年もお雛様を飾らないといけないのね。」なんて言いながら毎年飾ったか、そのうちタンスのこやしに変わったことでしょう。そんなおばあちゃんをもつお母さんは、やっぱり、、、

「お雛様飾るのが面倒なので簡単なのを。」っていってます。(笑

逆に、昔、お母さんと一緒に飾って、後片付けをしてきたお母さんは「お道具を壊しちゃった」とかはありますが、

「自分のお雛様はとっても楽しかった。」
と、口をそろえていわれます。

「帽子をかぶせたり、小さなお道具を持たせるのが(こそ)、楽しいのよね。」っていうお母さんは、自分が小さい頃、そのまたお母さんと一緒になってお雛様の飾り付けを楽しんでいたことでしょう。

実際わたくしのうちでも、子供が、小さい頃(1才)からお母さん(妻)と一緒にお雛様の飾り付けをしてますから、大きくなった今(現在5才)は、お雛様を出すときは大喜びで、なんと自分ひとり(と、お兄ちゃん(7才))で飾り付けをやってしまいます。片付けるのも、なれない手つきでハタキをかける子供達の姿が見られます。(笑

おかげさまで、その日はお祭り気分です。(いや、毎日かもw)
兄弟でお雛様を飾って楽しんでいる様子。

お雛様を楽しむためのお約束

「お雛様のお顔は触らないこと」と、「お雛様はお手手を洗って触りましょう」とその二つの約束事をしておけば、なんとかなるものです。飾り付けのときにしっかり触らせてあげましょう。見てないときのいたずらは、少なくなりますよ!

ということで、お雛様を楽しみましょう!
お雛様が高いからといって、触らせないのはタンスのこやしへの第一歩!

きれいなままお雛様をとっておいても、楽しい思い出が作れなければ何にもなりません。さあ、今年から子供と一緒に飾りませんか?子供と楽しい思い出を作りましょう!

一緒に飾って、それが楽しいお雛様

では!


娘と一緒にお雛様を飾って楽しみたいっ!お雛様を一緒に飾っていただいて、より多くのご家庭の笑顔が増えて欲しいと思っていますから、このコンテンツはリンクフリーとさせていただきます。賛同いただけるサイト管理者様、ブログ管理者様は、ご協力していただけましたら幸いです。

【リンク用URL】
『一緒に飾ってそれが楽しいお雛様』
http://www.12danya.co.jp/kimoti.html

【リンク用バナー】
当コンテンツの内容に沿うのであれば、サイズ変更、文字入れなどの加工やオリジナルのバナーを使っていただいてもかまいません。

一緒に飾ってそれが楽しいお雛様(200×40pixel)

画像はお持ち帰りいただいても直リンクでもかまいません。以下のHTMLソースをご参照ください。


楽しむよ〜〜
子どもの好奇心を閉じ込める、「さわっちゃダメ。」の言葉は、控えてみませんか。触ってこその楽しさです。よく手を洗ってから一緒に組み立てることからはじめてください。
壊れたら修理もできますし、そのまま思い出としてとっておくのも良いのではないでしょうか?

雛人形は日本の文化です - 女の子は3月3日がひな祭り(桃の節句)で、お子様の成長を喜ぶお祝い事として日本の五節供のうちのひとつとされます。とりわけ赤ちゃんが生まれてから、最初に迎える節句を初節句といい、盛大にお祝いします。雛祭りには赤ちゃんの邪気を払って健やかな成長を祈るという願いを込め雛人形を飾ります。また、男の子の初節句には五月人形鯉のぼりを飾ります。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪ 雛人形も五月人形も楽しむ♪のRSS
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:平日・土曜 10:00−16:00 ※日祝は定休
    • お問い合わせ(インターネットからのご注文・お問い合わせは24時間受け付けております。)
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. IP電話:050-8015-6785
      4. FAX:082-246-7601
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 15,000円以上のお買い物で送料無料!離島は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料380円(\5,000以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様