お買い物方法 お問い合わせ ご来店されるお客様へ
トップページ五月人形創作人形工房壱三伊達政宗

手が、首が動く!ポーズを決める!!触って飾って楽しめる五月人形、今、登場!!いままでになかった五月人形の枠を越えた壱三の創作人形☆仙台五枚胴【壱三創作人形工房】 五月人形

このページの『手が、首が動く!ポーズを決める!!触って飾って楽しめる五月人形、今、登場!!いままでになかった五月人形の枠を越えた壱三の創作人形☆仙台五枚胴【壱三創作人形工房】』は、販売終了した五月人形です。在庫が無く、入荷予定もありません。生産終了、もしくはリニューアルされたため販売終了としている五月人形も含まれます。参考になるのであればと残しております。しかし、このページに記載している五月人形が気に入っても手配はかなり困難です。ご了承を願います。また、販売終了した商品の価格は、同業他社の迷惑となる可能性がありますので、お問い合わせいただいても返答できません。

創作人形

手が、首が動く!ポーズを決める!!触って飾って楽しめる五月人形、今、登場!!いままでになかった五月人形の枠を越えた壱三の創作人形☆仙台五枚胴(省略型)【壱三創作人形工房】の販売。

仙台市博物館所蔵伊達政宗所用五枚胴具足【豆知識】仙台市博物館所蔵の『重要文化財 弦月形鍬形黒漆五枚胴具足 初代藩主 伊達政宗所用』の解説

←これが伊達政宗が使っていたとされる本物の具足(全身鎧のこと)の写真です!

全体を黒漆塗とした伊達政宗の具足。兜の作者は宗久、胴は雪下久家作です。前立は現在、弦月(げんげつ)形と呼ばれています。兜は鉄地黒漆塗六十二間筋鉢で、しころは板物四段の笠じころ形式とし、紺糸で素掛け威しにしています。五枚胴は前・後・左脇各一枚及び右脇の二枚合計五枚を合わせて造られ、雪ノ下胴、甲州胴、奥州胴、仙台胴とも呼ばれています。質実剛健な実戦向きの防具です。

弦月形前立 - あまりにも有名な三日月型の前立てです。弦月形の前立物では、現存のもので最大です。弦月が右手から左上へ長く流れているのは、デザイン上のバランスはもちろんのこと、太刀を振りかざす際に、支障のないようにとの配慮がなされています。騎乗した場合、この前立が枝などに当たっても、三日月が折れるだけで、怪我無くすむように、実物の三日月は木で作られ金箔押しされています。


創作人形

おら、仙台五枚胴(←伊達政宗で有名)を着てるんだ!
創作人形へっへっへっ!伊達政宗みたいだろ。どぉだ?かっこいいだろ!!この鎧、雄山工房の腕のいい職人が、おらにつくってくれたんだ。おらにピッタリでとってもお気になのさっ♪

創作人形どうだい。決まってるだろ!オーダーメイドだからな。おらが着るために造ってくれた具足(←全身鎧のこと)なんだぜ。素掛け威し(←板を連結する方法)だって、ちゃんとしてるだろ。そこいらのまがいものより、ず~としっかりつくってあるぜ。

創作人形ここ、ここ!62間筋鉢ってしってるか?頭を覆う部分に縦の筋が入ってるだろ。この筋が62本あるんだ。よく仙台博物館所蔵模写の伊達政宗って、いろんなところで造って売ってるけど、見てみろよ!こんなところなんて省略されてっから(笑。

創作人形ちょっとだけ、自慢になっちゃうけど、おらの顔っていいだろ。壱三工房の職人さんがおらを造ってくれるんだけど、顔は鈴木順一朗ってひとが描いてくれるんだ。わんぱくで、強くって、、、でも人にはやさしい。そんな願いが込められているんだ。おらは、生まれてきた赤ちゃんを大人までしっかり見守るためにつくられたんだから、強く、やさしくなくっちゃな!

創作人形おらの足は動かないけど、ホントの鎧はこんな風に、足さばきを考えて動きやすいように造られてるんだ。刀(この時代は太刀じゃないんだぜ)、は鎧の下につけるんだ。そうすると泳ぐときに鎧を脱いでも大事な刀はつけたまんまでいられるからな。

創作人形わらじだぜ。これって、手編みなんだ。イマドキ、わらじなんて見ないけど、昔はこれがあたりまえだったんだ。こんなところまで、気を廻しておらって造られたんだ。すごいだろっ。

創作人形ほら、見てみろよ。手甲はめてるんだぜ。手甲って、手の甲と腕を守るためにつけられるんだ。仙台五枚胴はおなか周りは一枚板なんだ。よくある小札(←細い板を組んで造る)からとはだいぶん違う、近世の考えられた鎧なんだ。。

創作人形肩にはちゃんと肩を守るために肩当がついてるんだ。ここまで、話をしてる間、気がついたか?おらって、首が回るんだ。えっ?気が付かなかっただと!?しっかり人の話を聞いてるんだろうなっ!!!

創作人形腰も動くんだぜ。左右に廻せて、ぜ、ぜ、前後に・・も・、 うぅぅ、あんまりやると倒れてしまうな。。。お、お・・おじ・・・ぎ・・・が、・・・・・

創作人形腕もほら、このとおり!ラジオ体操やっちゃおうかな。毎年、好きなポーズを決めて、飾ってくれよ。

創作人形さて、しっかり、楽しんだら、おらの本来の役目を果たすか。おらは、赤ちゃんにふりかかる、厄をとりのぞいて立派な大人になるまで見守る仕事があるからな。じゃ、また会おうな。

五月人形は、将来、男の子が喜びそうなものを選んで欲しいです。

この創作人形は、子供の笑顔を想像しながら職人と創作人形作家が一生懸命造ったものですから、お子様の満足度が違うはずです。

手が、首が動く!ポーズを決める!!触って飾って楽しめる五月人形、今、登場!!いままでになかった五月人形の枠を越えた壱三の創作人形☆仙台五枚胴【壱三創作人形工房】

伊達政宗の鎧を着込み、これだけ手編みのわらじを履いています(ぉ。鎧は背中の方まできちんと作りこまれています。三日月型の前立に62間筋鉢とかなり本格的です。残念ながらコンパクトサイズのため五枚胴ではありません。鎧は脱がせることはできますが、「知識のない人は着せることができないでしょう。」ということで、着せ替えは止めといたほうが無難です。関節式でも少しくらいの衝撃では壊れず、落としたくらいではなんともないようです。でも、投げたりはしないでね。

五月人形としては非常に自由度の高い、子供のための遊び道具としても、また和やかな飾りとしても重宝するものと思います。兜飾りよりも省スペースなのも嬉しいところ♪

楽しむ♪子どもの好奇心を閉じ込める、「さわっちゃダメ。」の言葉は、控えませんか?
触ってこその楽しさです。
よく手を洗ってから(大人は手袋つけて)一緒に組み立てることからはじめてください。
壊れたら修理もできますし、そのまま思い出としてとっておくのも、また、ひとつの記念となります。

男の子の五月人形の楽しみ方を参考にしてください♪




五月人形は日本の文化です - 日本では季節の変わり目の祝祭日のことを節日といい、お供え物をしたり行事を行って祝ってきたという歴史があります。この節日の供え物『節供』という言葉が、節日そのものを指すようになって『節句』という言葉になったともいわれています。その五節供のうちのひとつ端午の節句は、男の子の節供として内には五月人形を飾り、外には鯉のぼりや五月幟をたて、お子様の成長を喜ぶお祝いの行事として生活に定着しています。とりわけお子様がはじめて迎える節句を初節句といい盛大にお祝いします。また、女の子の初節句は、雛人形を飾ってお祝いします。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪ https://www.12danya.co.jp/
    • 運営:株式会社 十二段屋 インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00-17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日~12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601(FAXでご注文の場合は、FAX注文用紙を印刷してご利用ください。)
  • お支払いについて→[特定商取引に基づく表示]
    • 代金引換か銀行振り込み(先払い)でのお支払いが可能です。別途、送料と代引きの場合は代引き手数料が必要です。代引きは現金でのお支払いのみとなります。銀行振り込みの場合、振込手数料はご負担ください。
  • 送料について→[送料]
    • 一般商品と大型商品で送料が異なります。
    • 一般商品(ポールを含まない)は 33,000円以上のお買い物で送料無料!
    • 離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要です。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。→お買い物の流れ
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様